法務教官になれたら

法務教官は国家公務員の一つで、非行に走った少年が再び社会復帰できるようにサポートする仕事です。主な勤務先は、少年院と少年鑑別所の二つです。少年院では罪を犯した少年たちと共同生活をしながら、教育・指導をすることになります。教育や指導といっても内容は様々で、資格取得のための訓練をさせたり、体育のような授業を行うこともあります。一般の教員のように採点などの仕事もあります。近年は犯罪の凶悪化・多様化が問題視されていますので、少年ひとり一人に寄り添い、更正させることが重要なポイントとされる職場といえます。少年鑑別所は、家庭裁判所で審判を受けた少年院とは少し違い、審判を受ける前に観護措置となった少年を収容する施設です。こちらで勤務する法務教官は、法務技官と連携をとりながら、少年の性格や人間性をくみ取り、更正の可能性の有無を判断しながら少年審判等に共する資料を作成するなどの仕事が主となります。少年たちを更正させる指導よりも、少年たちの資質を見極めることが目的となりますので、授業の代わりに課題を与えてそれらに取り組む姿を観察し、資料作りをするといった仕事内容となります。いずれにしても、少年犯罪の低年齢化・多様化に伴い、心に闇を抱える少年たちをいかに支え、社会復帰へ導くか…法務教官への期待も高まっています。将来にわたってやりがいのある仕事であり、社会貢献することのできる素晴らしい仕事です。

Comments are closed.