保護司の仕事内容

保護司は、犯罪や非行を行った人の更生を手助けする仕事です。おもな仕事内容には、保護観察、犯罪予防活動、生活環境の調整があります。保護観察とは、犯罪や非行を行った人たちと定期的に面談し、更生にあたって守らなければならない約束事をきちんと守っているか確認したり、生活や就労のアドバイスをしたりすることです。そういった人たちの社会復帰を地域で支えてもらえるよう、住民に対して啓発活動を行い、犯罪や非行の原因となる社会環境を改善することに努めるのも保護司の仕事内容に含まれます。これが犯罪予防活動です。生活環境の調整は、少年院や刑務所に収容されている人が、釈放後すみやかに社会復帰できるように、釈放後の居住地や就職について本人や家族などと相談しながら調整することです。保護司になるために必要な資格や試験はありません。保護観察所長が候補者を保護司選考会に諮問し、法務大臣に推薦します。法務大臣から委嘱を受けると、更生保護活動サポートセンターを職場としたり、自宅を拠点として活動することができます。保護司は非常勤の国家公務員ですが、報酬はなく、職務遂行にかかった費用の全部または一部が支給されます。誰かの更生をサポートする仕事は非常にやりがいがあり、自分の成長にもつながります。保護司として活動する人のほとんどは別の本業を持っていますが、退職後もライフワークとして続けている方がたくさんいます。

Comments are closed.