保護観察官の職場と仕事内容

保護観察官の仕事内容は、犯罪を犯した者が立ち直るように援助を行い、社会人として更生させることです。
職場は、地方更生保護委員会・保護観察所となります。
社会復帰できるように援助する他に、地域社会における非行や犯罪の予防活動を実施する更生保護機関です。ピカピカ02
上記の援助の対象となる者は、家庭裁判所の決定により保護観察に付された者・少年院からの仮退院を許された者・刑務所からの仮釈放を許された者・刑の執行を猶予され保護観察に付された者・婦人補導院からの仮退院を許された者になります。
対象者に指導監督を行って、自発的に通常の社会生活が送れるようになるまで援助を行っていくのです。
また、実際の保護観察を行うのは、保護観察官と法務大臣が民間から委嘱した保護司が行うことになり、
保護観察官が資料や随時の面接から今後の方針を立てていき、そして保護司がそれに基づいて対象者と連絡や面接をとっていき、それを保護観察官に報告していきます。
相手は機械ではなく感情を持った人間です。人間を更生させるというのは、とても難しく一筋縄ではいきません。社会を守る仕事ですので責任も重く、ストレスもたまる為とても大変な仕事ですが、その分もやりがいもある仕事です。

Comments are closed.