保護観察官の資格

保護観察官とは、罪を犯した人や非行少年に対して、社会復帰をサポートする専門家です。資格を取るには国家公務員の試験を受けて、法務省の出先機関で法務事務官として採用されたあと、一定の期間、幅広く専門的な経験を積み仕事をすることが重要となってきます。ので、国家公務員の試験に受かればすぐ保護観察官になれるというわけではありません。少年だけではなく成人も対象となるので、この一定の期間の仕事で、多くの仕事をこなして自らの人間性を磨いていかなければなりません。非常にデリケートな職務ですし、社会と人をつなぐ分野で、高い見識も求められますので適性もあるでしょう。また、社会の動向にも常に敏感になってアンテナを張らせていなければなりません。仕事は医学、心理学、教育学、社会学の専門的な知識も必要歳ながらの業務になります。また法学の知識もあったほうが後々仕事に活かせるでしょう。とはいえ、充実した研修や実務がありますので、強い熱意や情熱があれば、こなしていけると思います。現場で働きたい場合、国家公務員試験を2種で受けるほうがいいです。もし現場でなく、本省で働きたい場合は1種を受けましょう。どちらも現場で働けますが、1種と2種でかなり違ってくるので、よく調べたほうが無難です。

Comments are closed.